【マネーフォワード】Suicaとの連携状況まとめ | 画像認証なしで登録する方法を解説!

  • 「Suicaはマネーフォワードと連携できる?」
  • 「電子マネーをマネーフォワードで管理して、家計を見直したい」

マネーフォワードを使っている方であれば、自分が利用している電子マネーを自動的には反映してくれると助かりますよね。

しかし、マネーフォワードに対応していない電子マネーも多々あります。

今回は「Suicaのマネーフォワード対応状況」について解説します。

結論を言ってしまうと、

「Suica」はマネーフォワードと連携可能です!

連携する際には、以下2つのIDから連携方法を選択することが可能です。

  • モバイルSuica ID
  • My JR-EAST ID

ここでは、必ず「My JR-EAST ID」を選択するようにしましょう。画像認証を行う手間が省けます。

それでは、詳細を説明していきます。

マネーフォワードとsuicaの連携状況

まずは結論となりますが、

suicaはマネーフォワードに対応しています。

suicaでは、

  • モバイルsuica
  • 普通のsuica(カード型)

の2種類がありますが、両方ともマネーフォワードに対応しています。

モバイルSuicaの場合:マネーフォワードで連携可能

モバイルSuicaの場合は、マネーフォワードアプリから連携が可能です。

マネーフォワード suica登録

電子マネー・プリペイドの項目に「モバイルSuica」があります。

マネーフォワード suica登録

普通のsuica(カード型)の場合:別アプリが必要

カード型のsuicaの場合は、マネーフォワードと連携させるために別のアプリが必要となります。

それが、「ICカードリーダー by マネーフォワード」です。

ICカードリーダー by マネーフォワード

ICカードリーダー by マネーフォワード

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

 

これは、マネーフォワードが提供する純正アプリで、カード型のICカードを読み取ってマネーフォワードと連携ができる優れものです。

カード型だと管理できないと思っていたけど、簡単にできそうだね。
毎回アプリで読み取りを行う手間があるから、手間がかかるのがデメリット。

モバイルSuicaが連携できない場合は、My JR-EAST IDで登録する

モバイルSuicaを登録してみたんだけど、連携ができてないんだよね。
もしかして、「モバイルSuica ID」で登録してない?

モバイルSuicaをマネーフォワードと連携した際、更新ができないケースってありませんか?

その原因は、登録しているIDが原因の可能性がありますよ。

モバイルSuicaの登録方法は2種類

モバイルSuicaをマネーフォワードへ登録する方法は2種類あります。

  • モバイルSuica ID
  • My JR-EAST ID

このどちらを登録するかによって、連携状況が少し変わってきます。

登録する場合は、絶対に「My JR-EAST ID」を選択してください。

モバイルSuica IDでは自動更新が不可

「My JR-EAST ID」を詳しく知らない方は、なんとなく馴染みのある「モバイルSuica ID」を選びがちです。

しかし、モバイルSuica IDで登録してしまうと、マネーフォワードの更新を毎回手動で行う必要がでてきます。

参考:モバイルSuicaの連携がうまくいきません。 | マネーフォワード クラウド経費

モバイルSuicaは My JR-EAST IDで登録せよ

モバイルSuica IDだと手動で更新になるんだね。
それは手間だよね。だから、My JR-EAST IDで登録すればOKだよ。

My JR-EAST IDで登録したい場合は以下の手順です。

手順1
「口座」から「追加」を選択

マネーフォワード suica登録

手順2

マネーフォワード suica登録

手順3
「My JR-EASTでログイン」を選択

マネーフォワード suica登録

My JR-EAST IDを持っていない人は、事前に公式Webから取得しておきましょう!

>>My JR-EAST:JR東日本

手順4
IDとパスワードを入力

マネーフォワード suica登録

手順5
画像認証を入力

マネーフォワード suica登録

手順5
連携完了

マネーフォワード 楽天ペイ登録

マネーフォワード suica登録

Suicaをマネーフォワードと連携させたときの内訳

早速、Suicaとマネーフォワードを連携させてみたよ!
早いね!だけど、Suicaをマネーフォワードと連携させた場合には1つだけ注意点があるんだ。

これまで、Suicaとマネーフォワードが連携できることを解説してきましたが、1点だけ注意点があります。それは、

Suicaの利用履歴には、「交通機関」と「物販」の情報しかないことです。

特に、交通機関以外のでの買い物は基本的に「物販」の扱いになるため、

  • 仕分けがされないこと
  • 何を購入したのが追えないこと

上記の2点がデメリットとして上げられます。

そのため、より詳しく管理したい場合には、マネーフォワードへ登録した情報に対して、手動で仕分けなどを行う必要が出てきます。

ちょっと面倒だね。
そうだよね。だけど、マネーフォワードと連携できるだけ良しとしよう。

マネーフォワードには「複数のSuica」も登録可能

Suicaを使っている人の中には、複数枚のSuicaを使い分けていることもありますよね。

  • 交通機関専用
  • 買い物専用

 

まとめ

今回は「Suicaのマネーフォワード対応状況」について解説しました。

Suicaはマネーフォワードに対応しているため、利用履歴や残高を管理することが可能です。

一方で、内訳が「交通機関」と「物販」としか仕分けされていないため、少し管理がしづらい部分もあります。

この辺りはもう少し改善してもらえると助かりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA