【マネーフォワード】レシートを撮影し内訳をスキャンする方法

  • マネーフォワードでレシート読み取りたい。
  • レシートを手入力するのが面倒臭い

お店での支払いで現金しか対応していないため、後から家計簿に手入力で追加ということはありませんか?

この作業、地味に面倒臭いですよね。お店側に現金以外の支払いでの対応をしてほしいところですが、こちらとしては待つしかありません。

実は、マネーフォワードにはレシートを撮影して読み込める機能があります。

使ってみると読み取り精度も高く、割と使える機能なので、レシートの扱いに困っている方はぜひチェックしてみてください。

マネーフォワードならレシートから出金額と内訳が管理できる

現金払いだとレシートを管理するのが大変だよね。
マネーフォワードなら、レシート撮影で取り込むことができるよ。

マネーフォワードでは、レシート撮影をする機能があります。

これは、レシートをスマホのカメラで撮影し、支払った金額と内容をマネーフォワードへ自動登録してくれるサービスです。

レシートを撮影することで、

  • 支出額
  • カテゴリ
  • 支払日
  • 支払場所
  • 購入したもの

を読み取ることが可能です。

マネーフォワード PC/スマホ版違い

マネーフォワード PC/スマホ版違い

レシート撮影機能の使い方

すごい便利だね。でも使い方はどうなの?
やってみたけど、とても簡単だったよ。

ここからは実際にレシート撮影の使い方を解説していきます。と言っても、全然難しくありません。

用意するものは以下の2つ。

  • マネーフォワードアプリが入っているスマホ
  • レシート

だけでOKです。

レシート撮影のやり方

レシート撮影ですが、基本的にはマネーフォワードアプリを立ち上げて、レシートを撮影するだけです。

手順1
マネーフォワードアプリを立ち上げて、下部にある「入力」をタップ

マネーフォワード_レシート撮影

手順2
左上にある「レシート」をタップ

マネーフォワード_レシート撮影

手順3
レシートが白枠内に入るように撮影する

マネーフォワード_レシート撮影

手順4
読み取り完了

マネーフォワード PC/スマホ版違い

マネーフォワード PC/スマホ版違い

うまく読み込めない場合は、手修正しよう

レシートをスキャンした場合でも、うまく読みれていない内容もあります。

その場合は、手入力で修正を行いましょう。

マネーフォワード_レシート撮影

スキャンされた項目に関しては、タップすることで修正が可能です。

商品名などは正確な読み取りが難しい部分なので、適宜修正していきましょう。

精度は?実際にスキャンした結果

さて、ここで気になるのはその精度ではないでしょうか?

レシートをスキャンして読み取れたとしても、精度が悪く修正が多く必要だと手間は変わらないかもしれません。

実際にやってみた結果ですが、

精度、めちゃくちゃいいです(笑)

いやー、最近の技術はすごいですね。しっかりと読み取れています。

とは言え、実際に見てみないと信じられませんよね?手元に大量購入のレシートがあったので、試してみました。

マネーフォワード_レシート撮影

こちらがそのレシートです。合計36品目。

ちゃんと読み取ってくれるのか?それでは結果です。

マネーフォワード_レシート撮影

マネーフォワード_レシート撮影

マネーフォワード_レシート撮影

マネーフォワード_レシート撮影

マネーフォワード_レシート撮影

【結果】

  • 品目:全網羅(ただし、商品ではない項目が1件追加)
  • 価格間違い:1/36
  • 名称間違い:多々ありだが、影響なし

という感じでした。

品目は全網羅されていたため問題なし。ただ、商品ではない内容(精算機の番号)が記載されていたので、削除が必要でした。

また、価格間違いが1つだけありましたが、それ以外はOK。

名称は所々違いましたが、概ね分かるためOKでした。

完璧とはまでは言えませんが、かなりの高精度なので手入力に比べれば全然早いはずですよ。

長いレシートでも、しっかりと読み取れる?

次は、長いレシートの場合です。

マネーフォワードでは長いレシートの読み取りにも対応しています。

レシートを分割して撮影して組み合わせるようですが、このあたりの精度も確認してみました。

長いレシートの場合は、撮影画面で「長レシート」を押します。そうすると、レシートを連続で撮影できるようになります。

マネーフォワード_レシート撮影

【結果】

  • 品目:全網羅
  • 価格間違い:なし
  • 名称間違い:多々ありだが、影響なし

結果、長レシートの場合でも全然問題ありませんでした。

読み取れない場合の原因と対策

やってみたけど、上手く読み取れないんだよね。
その場合は、撮影方法を見直してみよう!

レシート撮影を行った際、品名が文字化けしたり、値段が違ったりと、上手く撮影できないケースが多々あります。

特にこんな場合はNGです。

  1. レシートに対して、斜めから撮影している
  2. レシートに対して、横から撮影している
  3. レシートが遠すぎる

1.レシートに対して、斜めから撮影している

レシートを斜めから撮影している場合、文字や数字が読み取りにくくなります。

マネーフォワード_レシート撮影

マネーフォワード_レシート撮影

撮影する際は、レシートに対して真正面から読み取るようにしましょう。

2.レシートに対して、横から撮影している

レシートを横から撮影した場合もNGです。

マネーフォワード_レシート撮影

マネーフォワード_レシート撮影

レシートは常に真っ直ぐになるよう撮影を行いましょう。

3.レシートが遠すぎる

レシートがカメラから遠すぎる場合も上手く読み取ることができません。

マネーフォワード_レシート撮影

マネーフォワード_レシート撮影

この場合は、白枠内にレシートが目一杯入るように近づきましょう。

レシートが入りきらない場合は、「長レシート」機能を利用して複数回に分けて撮影すればOKです。

まとめ

今回は「マネーフォワードでレシートを読み取る方法」について解説しました。

レシート撮影は、特に現金を使って支払いをする場合に重宝する機能です。

お店でもクレジットカードやスマホ決済サービスを普及していますが、まだまだ現金でしか支払いができないお店も多いです。

その場合はレシートを保管しておいて、マネーフォワードへ登録してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA