【マネーフォワード】d払いとの連携状況 | カード側を登録して管理しよう

  • 「d払い」はマネーフォワードと連携できる?
  • 「d払い」をマネーフォワードで管理する方法はある?

マネーフォワードを使っている方であれば、自分が利用している電子マネーを自動的には反映してくれると助かりますよね。

しかし、マネーフォワードに対応していない電子マネーも多々あります。

今回は「d払いのマネーフォワード対応状況」について解説します。

結論を言ってしまうと、

「d払い」とマネーフォワードは連携できません。

けど安心してください。

d払いと直接連携はできませんが、d払いに紐づけているカードをマネーフォワードに登録しておけば、間接的に管理することは可能です。

それでは、詳細を説明していきます。

「d払い」はマネーフォワードと連携できない

まずは結論となりますが、

d払いはマネーフォワードに対応していません。

下記の画面は、マネーフォワードで”d払い”と検索した結果です。

マネーフォワード d払い登録

何も表示されないため、d払いは登録されていません。

マネーフォワードで「d払い」を管理する方法

じゃあ、d払いはマネーフォワードで管理できないんだね。
d払い直接は無理だけど、クレジットカードを経由すればOKだよ。

上記の通り、d払いはマネーフォワードと直接連携することはできません。

でもd払いはマネーフォワードと連携をしなくても十分に管理をすることができます。

d払いは、支払い方法を「クレジットカード払い」にしよう

d払いをマネーフォワードと直接連携はできないため、d払いの残高を管理することはできません。

しかし、d払いの支払い方法を「クレジットカード払い」にすることで擬似的に管理することが可能になります。

連携してない「d払い」をマネーフォワードで管理できる理由

どうやってマネーフォワードと連携すればいいの?
d払いに紐づけているカードが、マネーフォワードに対応していれば管理できるよ。

d払いをマネーフォワードで管理する方法は、紐づけているカード側をマネーフォワードに登録すればOKです。

d払いを直接連携することはできないのですが、これで間接的に管理することが可能です。

d払い ⇆ クレジットカード

利用しているカードがマネーフォワードと連携できるかどうかは、マネーフォワード金融機関登録から検索することができます。

d払いの支払い方法を「d払い残高」にすると、管理が難しい

d払いには支払い方法が2つあります。

  • クレジットカード
  • d払い残高

d払い残高での支払い方法の場合、d払い残高にお金をチャージする必要があります。

しかし、d払い残高はマネーフォワードで管理できないため、d払い残高の金額がいくらあるのか、どのくらい使ったのか管理が難しくなります。

クレジットカード払いにしておけば、d払いをした金額がそのままクレジットカードから差し引かれるため、

d払いの利用履歴 = クレジットカードの利用履歴

という形で扱うことが可能になります。

dカード・dポイントはマネーフォワードと連携できる

ここからは少し余談となりますが、d払いに関連するものとして、

  • dカード
  • dポイント

上記の2つであれば、マネーフォワードと連携することが可能です。

これは「dカード」の検索結果。

マネーフォワード dカード登録

次は、「dポイント」の検索結果です。

マネーフォワード dポイント登録

どうしてもマネーフォワードでしっかりと管理したのであれば、「dカード」と「dポイント」で支払いをするという方法もありだと思います。

まとめ

今回は「d払いのマネーフォワード対応状況」について解説しました。

d払いはマネーフォワードには対応していませんが、間接的に管理することは可能です。

  • 支払い方法:クレジットカード
  • 上記のクレジットカードをマネーフォワードに登録

ぜひ、お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA