【マネーフォワード】クレジットカードを反映し明細を確認する方法 

  • マネーフォワードにクレジットカードを連携させる方法が知りたい
  • クレジットカードを1つのアプリでまとめて管理したい

マネーフォワードではクレジットカードを登録することが可能であり、連携させることで支払日や明細などを確認できるようになります。

また、複数のカードを登録することもできるため、一括で管理するに非常に便利なアプリです。

今回は「マネーフォワードにクレジットカードを登録し、明細を確認する方法」について解説します。

マネーフォワードでは複数ブランドのクレジットカードとの連携に対応していますが、一部非対応の場合もあります。そのケースでの対処方法も合わせて説明していきますね。

クレジットカードをマネーフォワードへ反映する方法

マネーフォワードへクレジットカードの情報を反映させるにはどうすればいいの?
カード番号とパスワードが分かれば、簡単に登録できるよ。

マネーフォワードでは、クレジットカードの情報も登録することができます。

クレジットカード情報を登録することで、支払い内容の明細を確認することができるようになるため、非常に便利です。

クレジットカードを登録する際に必要なものは、以下の2つです。

  1. カード番号
  2. 認証パスワード

あとは、下記手順にしたがって連携を進めてもらえばOKですよ。

手順1
口座から「追加」をタップ

マネーフォワード suica登録

手順2
検索枠でカード名称を入力し、タップ

ここでは楽天カードを例に説明します。

マネーフォワード_クレジットカード登録

手順3
ユーザID、パスワードを入力

楽天のユーザーIDとパスワードを入力します。

マネーフォワード_クレジットカード登録

手順4
登録完了

マネーフォワード_クレジットカード登録

利用明細や残高・内訳などは確認できる?

カードを登録した場合って、どこまで見えるようになるの?
利用明細や残高・内訳など、必要な情報は基本見れるね。

マネーフォワードにクレジットカードを登録した場合ですが、以下の項目が確認できるようになります。

  • 月の利用額
  • 利用履歴
  • 利用残高(プレミアム会員限定)

登録すると、こんな感じで確認ができるようになります。

マネーフォワード_クレジットカード登録

利用残高についてはプレミアム限定機能になります。

確認・管理した場合はプレミアム機能に登録しましょう!

マネーフォワード_クレジットカード登録

カードの「支払日」ではなく「引き落とし日」で計上したい場合

クレジットカードをマネーフォワードで追加した場合、カードの利用分が計上されるのは「支払い日」になります。

しかし、家計簿を付ける際に「引き落とし日」で管理したい場合は、少し段取りが必要です。

手順としては、以下のようになります。

手順1
ホーム画面右上の「設定」をタップ

マネーフォワード_クレジットカード登録

手順2
グループを選択

マネーフォワード_クレジットカード登録

MEMO

グループ機能とは、「家庭用」、「ビジネス用」など用途を絞ってグループ化できるもの。

グループ化することで、グループ毎のデータ表示をすることができます。

ただし無償版の場合、グループ登録は1つまでです。

手順3
「追加」をタップ

マネーフォワード_クレジットカード登録

手順4
必要な情報を入力

グループ名は適当につけてください。

マネーフォワード_クレジットカード登録

ここからが大事。

利用しているクレジットカードのチェックを外してください。

マネーフォワード_クレジットカード登録

手順5
右上にある「完了」をタップ

マネーフォワード_クレジットカード登録

手順6
作成したグループを選択

マネーフォワード_クレジットカード登録

この手順により、カードの利用分が「銀行口座から引き落とされた日」で管理できるようになります。

マネーフォワードが対応しているカード

私が使っているカードはマネーフォワードに対応しているのかな?
全てのカードに対応しているわけではないけど、有名どころなら。

マネーフォワードではクレジットカードの連携にも対応していますが、全てのカードが登録できるわけではありません。

対応しているカードについては、以下に記載がありました。

対応クレジットカード一覧|マネーフォワード ME

多くの人が使っているカードであれば、

  • 楽天カード
  • JCBカード
  • dカード
  • オリコカード
  • 三井住友カード
  • au PAY カード
  • イオンカード
  • ビックカメラSuicaカード
  • リクルートカード
  • ダイナースクラブカード

などが対応しています。

AOYAMAカード
アトレビューSuicaカード
アトレビューSuicaカード
ANA アメリカン エキスプレス カード
ANA JCBカード
ANA Suicaカード
ANA ダイナースカード
ANA ToMeCARD PASMO JCBカード
ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード
ANA VISAカード
ANA VISAゴールドカード
ANA VISAプラチナカード
ANA PiTaPaカード
ANA マスターカード
Amazonクラシックカード
Amazonゴールドカード
アミティエカード
アルペングループカード
アレコレカード
阿波銀MasterCard
イオンJMBカード
イオンSuicaカード
伊勢丹アイカード
イニシャルカード
インヴァストカード
e-amenityカード
EX Gold for Biz Sカード
EX Gold for Biz Mカード
ウィリンクJCBカード
ウォルマートカードセゾン
Extremeカード
SFC JCBカード
SMBCカード
SMBC JCB CARD クラシック
エディオンカード(オリコ)
エディオンカード(セディナ)
Edy ホンダCカード
ENEOS NICOS VISAカード
エブリプラスカード
エメラルド スタシア VISAカード
エメラルド スタシア ピタパ MUFGカード
エメラルド スタシア JCBカード
エリートカード
LC JCBカード
Elegant Goldカード
えんてつカード
AIOベーシックカード
大阪ステーションシティJ-WESTカード
OSAKAPiTaPaカード
大人の休日ミドルカード
大人の休日ミドルカード
OSC J-WEST エクスプレスカード
鹿島神宮カード
KASUMIカード
九信販あそべるカード
クロスクラブカード
clover JCBカード
clover トドックカード
慶應カード
京王パスポートVISAカード
KEIKYUカード
京急カード
京成カード(MUFG)
京成カード(オリコ)
COSTCO WHOLESALEカード
コスモ ザ カード オーパス
さくらパンダカード
ザ クラスカード
THE POINT PREMIUM GOLDカード
シェル スターレックス カード
Shell Ponta クレジットカード
しがぎん STIOカード
シナジーJCBカード
シナジーVISAカード
シネマイレージカード セゾン
JRAカード
JR東海タカシマヤカード
JR富士通ビジネスカード
JMB KIPSカード
JMBローソンPontaカード
JAカード
JQ CARDセゾン
ジェクサーVIEW SUICAカード
ジェクサーVIEW SUICAカード
JALカード JCB
JALカード アメリカン エキスプレス
JALカード OPクレジット
JALカード SUICA
JALカード SUICA
JALカード TOKYU POINT ClubQ Visaカード
JALカード TOKYU POINT ClubQ Mastercard
JALカード Visa
JALカード Mastercard
Joshinクレジット&ポイントカード
GDOカード
Switch!カード
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン エキスプレス カード
スポーツオーソリティカード
SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン
セゾンカード ゴールドアメリカンエキスプレス
セゾンカード プラチナビジネスAMEX
ゼビオカード
「そうだ 京都、行こう。」エクスプレスカード
ソフマッププレミアムクラブカード
ZOZOカード
Type Select JCBカード
タカキューカード
タカシマヤセゾンカード
大丸松坂屋カードVISA
大丸松坂屋カードマスター
ダイワセゾンカード
ちばぎんスーパーカードJCB
ちばぎんスーパーカードDC(Visa・Mastercard)
ディズニー JCBカード
デルタ スカイマイル アメリカン エキスプレス ゴールド カード
デルタスカイマイルVISAカード
Tuoカード
東京大学卒業生カード
Tokyo Metro To Me カード
如水会会員証カード
野村不動産グループカスタマークラブゴールドカード
PARCOカード
ヒルズカードMasterCard
VIASOカード
VIASOカード(旧MUFGブランド)
Visa LINE Payクレジットカード
ビックカメラJ-WESTカード(エクスプレス)
ビックカメラSUICAカード
ビックカメラSUICAカード
ぴあカード(NICOS.VISA)
富士通トラベランスUCカード
ベネッセ イオンカード
HOP-VISAカード
マイレージプラスJCBカード
マイレージプラスセゾンカード
マネーフォワード ビジネスVISAカード
丸の内カードDC
三井ショッピングパークカード《セゾン》
三井住友エクスプレスカード
三井住友VISAプラチナカード
三越 Mカード
三菱地所グループカード
minapitaカード
MUJIカード
MEITETSU μ’sカード
メガロスカード
ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード
ヤマダLABIカード
ゆめ JCBカード
ラグジュアリーカード
ラゾーナ川崎プラザカード《セゾン》
ルミネカード
ルミネカード
ロフトカード
ローソンPontaカード
早稲田カード
早稲田カードAlumni
One’sカード
ワンズカード
VIOROカード

注意

記載している内容は記事作成時点の内容となります。

最新情報については、公式ページをご確認ください。

対応していないカードでも登録は可能

あっ、使っているカードで対応してないものもある・・・
そんな場合は、手動カード登録もできるよ。

マネーフォワードを使っている方の中には、対応していないクレジットカードを使っている人もいるかと思います。

その場合でも、クレジットカード登録ができないわけではありません。

未対応のクレジットカードを登録する方法

未対応のクレジットカードの場合、以下の方法で連携させることが可能です。

MEMO

未対応のクレジットカードを登録・編集する場合は、アプリでは対応していません。

パソコンからログインする必要があります。

手順1
「口座」から「金融機関追加」を選択

マネーフォワード メルペイ登録

手順2
カード欄の一番下にある「未対応のカード」を選択

マネーフォワード PC/スマホ版違い

手順3
金融機関名にカード名を入力

手順4
登録完了!

マネーフォワード 未対応カード

カードを使ったら、手入力で追加していく

この方法では、自動的にカード利用情報がマネーフォワードへ登録されるわけではありません。

なので、使った分だけ手入力で追加していく必要があります。

手順1
「口座」から作成したカードの「手入力で負債を追加」を選択

マネーフォワード_クレジットカード登録

手順2
負債情報を追加します

マネーフォワード_クレジットカード登録

現時点における、クレジットカード利用残高を入力します。使っていない場合は「0円」でOKです。

この作業をしないと、家計簿に手入力することができないので忘れずに行いましょう。

手順3
家計欄にある収入・支出詳細項目の「手入力」を選択

マネーフォワード_クレジットカード登録

手順4
カードで支払いをした詳細を入力します。

マネーフォワード_クレジットカード登録

内容が家計簿に追加されれば登録完了

マネーフォワード_クレジットカード登録

まとめ

今回は「マネーフォワードにクレジットカードを登録して明細を管理する方法」について解説しました。

マネーフォワードにクレジットカードを登録することで、

  • 月の利用額
  • 利用履歴
  • 利用残高(プレミアム会員限定)

など、気になる情報は確認できるようになります。

また、対応しているカード数も多いので、連携もしやすいです。

カードの利用残高が確認したい場合や、カードの登録数を増やしたい場合は、マネーフォワードのプレミアム会員になってみるのも良いかもしれません。

ぜひ、活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA