【マネーフォワード】PC版とスマホ版の違いを徹底解説!

  • 「マネーフォワードってパソコン版とスマホ版で違いはあるの?」
  • 「スマホだと画面が小さいから、パソコンでも使ってみたい」

マネーフォワードは、パソコンでもスマホでも利用できるようになっています。

そこでちょっと気になるのが、パソコン版とスマホ版で違いがあるのかという所ではないでしょうか。

結論からいうと、

パソコン版とスマホ版で機能に違いあります。

それによって利便性が大きく変わるということはありませんが、マネーフォワードをガシガシ使ってお金を管理していくのであれば知っておいたほうが間違いありません。

それでは、詳細を解説していきます。

マネーフォワードではPC版とスマホ版で利用できる機能が違う

マネーフォワードってパソコンとスマホで使えるけど、何か違いがあるの?
大きくは違わないけど、一部利用できる機能が変わっているんだ。

マネーフォワードはスマホ版のアプリだけでなく、パソコンでも利用することができます。

「どっちも同じでしょ?手軽に使えるスマホ版でいいや」

と思っているあなた、ちょっと待ってください!

実は、少しだけ使える機能が違うんです。

以下が、パソコン版とスマホ版の機能で異なる部分をピックアップしたものです。

機能 パソコン版だけの機能 スマホ版だけの機能
レシート撮影
未対応の口座追加
家計簿データの出力

パソコン版だけで使える機能

パソコン版だけで使える機能は以下2つ。

  • 未対応の口座追加
  • 家計簿データの出力

未対応の口座追加

マネーフォワードでは、対応していない電子マネーやクレジットカードでも入出金を管理できる機能があります。

自動取得未対応のクレジットカードの管理方法

下記のような形で、金融機関を追加する項目に「未対応のカード」という項目があります。

マネーフォワード PC/スマホ版違い

ここでオリジナルの金融機関を追加できるのですが、これがパソコン版からしかできません。

ただし、パソコン側で一度追加してしまえば、あとの入出金の手入力などはスマホからでも対応することができます。

以下は、「XXXカード」を追加してみた画像です。

マネーフォワード PC/スマホ版違い

スマホ側でも入出金を対応することができます。

マネーフォワード PC/スマホ版違い

あくまでも、 「口座を作るところだけ」パソコン側でする必要があるという項目ですね。

PaypayやメルペイなどのQRコード決済サービスは、まだまだマネーフォワードに対応していないものも多いです。

この機能を使えば、手入力なので少し手間ではありますが、お金を管理することが可能になりますよ。

家計簿データの出力(プレミアム機能)

最後は、家計簿データの出力です。

この機能は、入出金の履歴をCSVやエクセル形式でダウンロードができるものです。

こちらもパソコン版限定の機能ですが、それに加えてプレミアム会員に加入しておく必要もあります。

スマホ版だけで使える機能

ここからはスマホ版だけで使える機能の紹介です。

スマホ版では「レシート撮影」機能が利用できます。

レシート撮影

レシート撮影は、買い物をしたレシートをスマホのカメラで撮影することで、レシートに記載されている内容をマネーフォワードに反映してくれる便利機能です。

撮影してみるとわかりますが、その精度の良さには驚きを隠せません。

このレシートが、

マネーフォワード PC/スマホ版違い

こんな感じで入力されます。

マネーフォワード PC/スマホ版違い

マネーフォワード PC/スマホ版違い

なので、現金で大量に買い物をした場合などに非常に便利ですよ。

パソコン版は見やすく、使いやすい

なるほどね。パソコンかスマホかで少し機能が違うんだね。
機能の違いもあるんだけど、見やすさも割と大事だよ。

これまでは、パソコン版とスマホ版の機能の違いについて解説してきました。

機能に差はあるので、機能に応じて使い分けをするという方法もありですが、もう1つ重視して欲しいポイントがあります。

それは、見やすさと操作性です。

パソコン版とスマホ版では見やすさと操作性が全然違います。

まずは、パソコン画面です。

マネーフォワード PC/スマホ版違い

次は、スマホ画面です。

マネーフォワード PC/スマホ版違い

パソコン画面では、利用内容と金額の他にも分類分けや備考入力などを1画面で利用できるようになっています。

一方、スマホ画面では各項目をタッチしないと分類分けや備考などを記載する画面にいけません。

そのため、項目の編集をする場合は断然パソコン版の方が使いやすいわけです。

なので、使い分けを考えると、

  • パソコン版:データの編集を行う場合
  • スマホ版:データの閲覧を行う場合

といった感じで区切って使うのがベストだと思います。

マネーフォワードのログインIDを持っていれば、パソコン版・スマホ版どちらも利用できる

パソコン版とスマホ版の違いについては以上になりますが、最後に気になっているであろう部分について説明しておきます。

「パソコン版とスマホ版って誰でも使えるの?」

結論を言えば、

  • パソコン版:ネットワークに繋がるパソコンがあればOK
  • スマホ版:ネットワークに繋がるスマホがあればOK

です。

マネーフォワードでは、パソコンもしくはスマホでIDを作ってしまえば、どちらの端末でも利用できるようになります。

パソコン版は、マネーフォワードのサイトからアクセス。スマホ版は、マネーフォワードアプリからアクセスすればOKです。

まとめ

今回は、「マネーフォワードのパソコン版とスマホ版の違い」について解説しました。

同じマネーフォワードというサービスなのですが、端末によって機能が異なることは絶対に知っておいた方がいい内容です。

おさらいすると、

パソコン版のみの機能

  • 未対応の口座追加
  • 家計簿データの出力

スマホ版のみの機能

  • レシート撮影

また、今回あげた内容にも漏れているものがあるかも知れませんので、その際はぜひ教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA